山田 磨依 Mai Yamada


1990年東京出身。桐朋学園大学卒業後渡仏、パリ地方音楽院最高課程2015年修了。全日本ピアノオーディション第1位、クロード・カーンコンクール(フランス)、大阪国際音楽コンクール等国内外で入賞。
2017年ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番を、伊藤悠貴氏指揮・佐倉フィルハーモニー管弦楽団と共演。
2016年にはロンドンでソロリサイタルを開催。フランスやスペインの国際音楽祭への出演を始め、国内での精力的なリサイタル活動や献呈作品の世界初演も行う。日本アンゴラ外交関係樹立40周年記念・カポソカ交響楽団日本ツアーには特別ゲストとして同行し、二国間外交関係増進にも貢献する等幅広い演奏活動を展開している
2017年12月にはJ.M.ダマーズ生誕90年を記念したデビューCD(ソナーレ・アートオフィス)をリリース、2018年1月27日(土)に記念リサイタル(於:ルーテル市ヶ谷)開催が予定されている。
江澤聖子、B.エイディ各氏に師事。横山幸雄、M.ベロフ、P.ロジェ、A.ウォス各氏のマスタークラスを受講。
洗足学園音楽大学非常勤教員。2012年より日本ピアノ研究会コンクール審査員。